Event is FINISHED

Re:spect ー いまこそ語ろう、音楽としてのチェッカーズ

Description

「リマインダー」と「カセットテープミュージック」のコラボ企画、80年代の音楽に特化した トーク&ライブイベント「リスペクト」がいよいよ開催!


その第一弾は、チェッカーズのサイドボーカルで数々のヒット曲を手掛けてきた「鶴久政治」と音楽評論の革命者「スージー鈴木」による、80名限定のプレミアムセッション。東京では約10年ぶりとなる鶴久政治のライブもお楽しみに!



奇しくも 2018年にデビュー35周年を迎えるチェッカーズ。このイベントでは、時代を席巻したアイドルとしてのチェッカーズではなく、あくまでも「音楽家、バンドとしてのチェッカーズ」にフォーカスを合わせ、演奏やコーラス、レコーディングなどについて深く濃く掘り下げていきます。まさにここでしか観ることのできないプレミアムなショーを、ゆったりとした心地よい空間でお楽しみください。



イベント概要


・日時
 2018年3月11日(日)
 OPEN 18:30 / START 19:30(21:30 終了予定)

・会場
 代官山 WGT(Weekend Garage Tokyo)

・出演
 鶴久政治、スージー鈴木

・料金
 前売:5,500円 / 当日:6,000円
 ※着席80名限定(チケット番号順のご入場となります)
 ※WGTはカフェダイニングになりますので、1ドリンク1フードのご注文をお願いします

・協力
 BS12 トゥエルビ ザ・カセットテープ・ミュージック

・主催
 Reminder LLC



鶴久政治(つるく まさはる)

チェッカーズのサイドボーカル・メロディメーカーとして数々のヒット曲を手がける。1992.12.31 のNHK紅白歌合戦を最後にチェッカーズ解散。紅白歌合戦9年連続出場。解散後は自身のソロ音楽活動の他、光GENJI・沢田研二・高井麻巳子・岩井由紀子・緒方恵美・小野真弓など、多数のアーティストへ約200曲の楽曲提供を行う。現在、音楽家にとどまらず、役者・タレントとして幅広く活動中。
・鶴久政治オフィシャルサイト:http://www.bold7.jp/tsuruku/


スージー鈴木(すーじー すずき)

1966年大阪府東大阪市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。音楽評論家、野球文化評論家。「週刊ベースボール」「水道橋博士のメルマ旬報」「東京スポーツ」 「Re:minder」等でコラム連載中。著書に「Fを3本の弦で弾くギター超カンタン奏法」「1979年の歌謡曲」「1984年の歌謡曲」。 昨年夏には「サザンオールスターズ 1978-1985」が新潮社より発売された。
・スージー鈴木「硬式」サイト:http://suzie.boy.jp/



Re:minder(リマインダー)とは?

Reminder合同会社(本社:東京都台東区、代表:太田秀樹)が運営する、SNS時代のコミュニケーションメディア。80年代の音楽エンタメに特化したオリジナルコラムを、個性豊かな執筆陣(カタリベ) を揃えて毎日配信中。懐かしむより超えていけ!

Official Site:https://reminder.top


ザ・カセットテープ・ミュージック とは?

BS12 トゥエルビで毎週金曜深夜 2:00~ 放送中! 珠玉の「80年代歌謡曲」を聴きながら夜な夜なトークを繰り広げていく、オトナたちのための音楽トーク番組。MCはマキタスポーツとスージー鈴木。




注意事項

※お申し込みいただいたチケットのキャンセルはできません。
※天災など不測の事態により、イベントが予告なく中止もしくは延期となる場合があります。
※イベント中の、お客様による写真撮影・録画・録音等は禁止させていただきます。
※スタッフ・係員の指示及び注意事項に従っていただけない場合は、ご入場をお断りしたり、ご退場を願うこともございます。
※会場にクロークはございません。お手荷物や貴重品などの管理はお客様ご自身でお願いいたします。
※イベント会場までの交通費、駐車場等の費用はお客様のご負担となります。
※チケットや予約券の転売は禁止いたします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#318392 2018-02-22 06:56:26
More updates
Sun Mar 11, 2018
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
料金 SOLD OUT ¥5,500
Venue Address
渋谷区代官山町1−1 grava代官山 Japan
Organizer
Re:minder - リマインダー
174 Followers